ニッチなキーワードを選定する

 

それでは、ニッチなキーワードを選定する方法を解説していきます。

 

Step2の段階で僕は、

 

・抽象的なキーワード:就活

・連想キーワード:詰んだ、出遅れた、終わらない、失敗

 

という各種キーワードを取得しました。

 

しかし、抽象的なキーワード+連想キーワードだけでは、
まだまだライバルが多いので、
今回はさらに第2連想キーワードを取得していきます。

 

この第2連想キーワードを含めた、
「抽象的なキーワード+連想キーワード+第2連想キーワード」
という形がニッチなキーワードになるのです。

 

ニッチなキーワードを取得するには、

 

1、キーワード取得ツールで第2連想キーワードを取得

2、キーワードプランナーで取得した第2連想キーワードを絞り込む

3、上位表示できるキーワードであるか確認する

 

という流れ。

 

では、実際にやっていきましょう。

 

今回は解説の例として、
「就活 失敗」の第2連想キーワードを取得していきます。

 

1、キーワード取得ツールで第2連想キーワードを取得

 

第2連想キーワードを取得する方法は非常に簡単です。

 

その方法は、
関連キーワード取得ツール
というサイトを利用という方法。

 

下記のリンクから、
関連キーワード取得ツールのサイトへアクセスできます。

 

http://www.related-keywords.com/

 

アクセスをすると、
下の画像のような画面に切り替わります。

 

 

使い方は、

 

①検索キーワードの入力欄に「抽象的なキーワード+連想キーワード」の形で入力

②取得開始をクリック

 

実際に、「就活 失敗」で入力して、
第2連想キーワードを取得してみます。

 

 

検索をかけると、
「就活 失敗 〇〇」という形で、
実際に検索されている第2連想キーワードが表示されます。

 

ここで、上の画像の赤枠のような、
「全キーワードリスト(重複除去)」という欄があるので、
それを全てコピーしてください。

 

これで、第2連想キーワードを取得できました。

 

次に行うのは、
取得した第2連想キーワードの検索ボリュームを調べます。

 

2、キーワードプランナーで取得した第2連想キーワードを絞り込む

 

「全キーワードリスト(重複除去)」の欄を全てコピーしたら、
キーワードプランナーを開いてください。

 

 

キーワードプランナーを開きましたら、

 

①「キーワードの入力」の欄に取得した第2連想キーワードを
全て貼り付けてください。

 

②キーワードの貼り付けが終わったら、
「検索ボリュームを取得」をクリックしてください

 

 

ここで注目したいのが、
月間平均検索ボリュームです。

 

月間平均検索ボリュームとは、
1ヵ月間にどれだけアクセスされるかという数値。

 

例えば、月間平均検索ボリュームの値が、
1000~1万の場合、
そのキーワードは1ヵ月に
1000~1万回検索されているということ。

 

「競合性」というのは、
このキーワードであなたのブログを広告に出した時に
ライバルとなるブログが多いかどうかという数値です。

 

競合性が「低」or「中」なら狙い目。

 

月間平均検索ボリューム1000~1万

 

⇒アクセス数としては理想だが、
既に多くのライバルがそのキーワードで記事を書いているため、
上位表示は狙えない。

 

月間平均検索ボリューム100~1000

 

⇒検索ボリュームとしてもそれなりにあり、
ニッチなキーワードである可能性が高い(ライバル次第)。

 

非常に狙い目のキーワード。

 

月間平均検索ボリューム10~100

 

⇒検索ボリュームとしては、やや少ないので、
集客記事としてはあまり向いていない。

 

ただ、4語のキーワードで10~100の検索ボリュームが
ある場合は狙う価値はあります。

 

(例:就活+失敗+文系+どうなる)

 

検索ボリュームというのは、
検索するキーワードの数が多いほど
検索ボリュームは低くなっていきます。

 

4語以上で10~100の検索ボリュームがあるということは
それだけ濃い客層を狙うことができるということ。

 

月間平均検索ボリューム -

 

この検索ボリュームは検索されていないということなので、
そのキーワードで記事を書いても意味がありません。

 

ということで、まずは、

 

・月間平均検索ボリュームが100~1000

・競合性が低か中

 

の2つの条件を満たしているキーワードを
ワードやエクセル、テキストなどにリストアップしてください。

 

 

このようにリストアップをしたら、
今度はライバルの記事をチェックします。

 

なぜ、チェックをするのかと言いますと、
本当にニッチなキーワードであるかどうかを調べるためです。

 

3、上位表示できるキーワードであるか確認する

 

それでは、リストアップしたキーワードを
1つ1つ調べていきます。

 

調べ方は簡単です。

 

Googleで調べたいキーワードを入力。

 

今回は、「就活+失敗+談」というキーワードが
本当にニッチなのか調べたいと思います。

 

 

まず最初に注目して欲しいのは、検索ヒット数です。

 

今回のキーワードでは、164,000件のヒット数でした。

 

これはかなり狙い目です。

 

検索ヒット数は500,000件以下なら
上位表示が可能であると言えます。

 

次に注目するのは、上位表示されている記事のタイトルです。

 

1ページ目に表示された記事のタイトルを全てに目を通してください。

 

上の画像だと、
・「挫折経験は?」失敗談をアピールポイントにするES、面接の解答例…

 

というような記事のタイトルがありますが、
就活というキーワードがありません。

 

これは、そもそも「就活 失敗 談」というキーワードで
狙っていないことを意味しています。

 

つまり、「就活 失敗 談」と狙わなくても上位表示ができるということ。
⇒逆に狙って記事を書けば上位表示できるということ。

 

もし、調べたいキーワードがタイトルに入っていない記事が
上位表示されていたらかなり狙い目です。

 

最後に上位表示されている記事にアクセスし、
記事の質を調べてください。

 

 

この記事の文字数は2244文字でした。

 

めちゃくちゃ記事の質としては薄っぺらいです。

 

 

この記事の文字数は3857文字。

 

一通り、1ページ目に表示されている記事をみましたが、
大体2000字~3000字でした。

 

自分の記事を上位表示させるには、
他の記事より、質のいい記事を作る必要があります。

 

つまり、「就活 失敗 談」というキーワードで
記事を上位表示させたいなら5000字程度の記事で
おそらく上位表示させることができるということ。

 

たまに検索ヒット数が600,000~800,000件でも、
上位表示されている記事の質が低いときには、
上位表示させることができます。

 

 

一通り、目を通しましたが、
ニッチなキーワードは、

 

・就活 失敗 談

・就活 失敗 末路

・就活 失敗 理系 院生

・就活 失敗 フリーター

 

というキーワードで記事を書けば上位表示を狙えそうです。

 

このようにニッチなキーワードを選定していき、
そのキーワードで記事を書けば集客記事が出来上がります。

 

「就活 失敗」という抽象的なキーワード+連想キーワードで
4つのニッチなキーワードを取得することができました。

 

僕が取得した抽象的なキーワード+連想キーワードは他にも、

 

・就活 詰んだ

・就活 出遅れた

・就活 終わらない

 

があります。

 

これをまた、

 


第2連想キーワードの取得

第2連想キーワードの検索ボリュームを調べて絞り込む

絞り込んだキーワードのライバルチェック


 

のサイクルを行うことで、
新たなニッチなキーワードを取得することができるのです。

 

1つの抽象的なキーワードから、
多くのニッチなキーワードが取得できるのが予測できますね。

 

これで、集客記事のネタを貯めておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください