Life Restart Program ステップ2 下準備

まずは、念入りな下準備から

 

それでは、あなたが本格的に取り組めるように、
下準備をして行きましょう。

 

もちろん、ここに書いてある内容通りに準備していけば、
失敗という確率を最小限まで減らすことができます。

 

ここに書いてある通りに準備をしていってください。

 

大前提、あなたは素人です。

 

素人の「自己流」ほど、リスクがあるものはありません。

 

ビジネスは「守」「破」「離」が大切です。

 

守:型に当てはめ、まずは基礎を固める

破:一度、型を崩し、いろんな手段をテストする

離:結果がいい手段を自己流にする

 

「破」と「離」は基礎を固めて、
結果を出した人が行うことです。

 

つまり、玄人(くろうと)向きの手法ということ。

 

なので、まずは基礎を固めるために、
型に当てはめていきましょう。

 

下準備① ブログの開設

 

まず、あなたがこれから情報発信をしていくための媒体を
構築していく必要があります。

 

そしてその媒体とはブログのことです。

 

ブログはあなたの資産といっても過言ではありません。

 

僕はこのブログで月に100万円以上を稼ぎ出しています。

 

あなたがブログを構築していくことで、
ブログは長期的に100万円を稼ぎ続ける資産となっていくのです。

 

たまに、

 

「無料ブログでも稼げますよ!」

 

という方がいますが、それは間違いです。

 

なぜ、無料ブログが稼げないのかは
こちらの記事を参考にしてください。

 

 

それでは、ブログを開設していきましょう。

 

※もし、今の時点で有料ブログを開設するための資金が無い方は
下記のリンクより、無料ブログを開設してください。

 

Next Contents無料ブログの開設

 

無料ブログを開設した方は、
後に有料ブログも開設しておいてくださいね。

 

というのも、
無料ブログから有料ブログを引き継ぐことはできますが、
移行するデータが多いとかなり面倒くさい作業です。

 

つまり、あくまで無料ブログは仮で使用してください。

 

では、以下のリンクより有料ブログを開設してみましょう。

 

Next Contents有料ブログの開設

 

下準備② テーマ決め

 

ブログを開設したら、次に行っていただくのは、
テーマ決めです。

 

テーマ決めとは、
“どんなテーマで情報発信をしていくのか?”

 

情報発信をするテーマが決まらない限り、
記事を書いていくこともできません。

 

まずはテーマをしっかり決めて、
土台を作っていきましょう。

 

 

下準備③ コンセプトの設定

 

コンセプトとは、あなたの理念です。

 

あなたの理念に共感したお客さんが、
あなたのブログの読者となります。

 

情報発信するテーマを通して、
あなたが読者に伝えたいことをコンセプトにしましょう。

 

Next Contentsコンセプトの設定

 

下準備④ ターゲティング

 

下準備の最後は、ターゲティングです。

 

ターゲティングとは、ターゲットを狙い、客層を絞ること。

 

ターゲティングはビジネスにおいて、
成功を左右するものです。

 

ターゲティングを間違えると、
どれだけ質の高い情報を発信しても、
お金を生みだすことは不可能。

 

正しいターゲティングを学びましょう!

 

Next Contentsターゲティング

2 件のコメント

  • akiko より:

    ここまででもかなりのボリュームありますが、楽しくて没頭して一気に作成できました。
    道筋がぶれないように順番を追って教えてくれるので本当にやりやすいです。

    • makoto-tsuruoka@ より:

      作業を初めてころが最もエネルギー(やる気やモチベーション)が高いので、
      そのうちに基礎を学びきれると、100点です。

      それと些細なことでも僕に相談や質問をすることで、
      モチベーションを維持しやすいので、まめにコミュニケーションを取りましょう!

      一番有効なのは、今日1日の作業記録や学んで感じたことを寝る前に
      スカイプのチャットで送ることです。

      そうすることで、槻木さんが今どの段階にいて、どのくらいのスキルを習得し、
      何に悩んでいるのか?を詳細に把握することもできます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください